がんと闘うために

がんと闘うため、そのがんを知ることからはじめがんの治療まで

運動と睡眠の相乗効果で、がんのリスク減少 米研究

運動と睡眠の相乗効果で、がんのリスク減少 米研究
AFPBB News
(c)AFP/Getty Images/Justin Sullivan 【11月18日 AFP】女性は定期的な運動でがんになるリスクを大幅に減少できるが、一方で睡眠不足はそのような効果をなくしてしまうとする研究結果が、米ワシントンDC(Washington, DC)で開催中の米がん研究学会(American Association ...



がんなどの病気は生活習慣病といわれるはずですね。まずは、生活を見直しましょう。食事面、生活サイクル面、睡眠時間の確保そして、表題にもあります通り、運動。

車を使うと、5分でいけるところまで歩くと、20分くらいはかかる。
でも、普段の景色とまた違う景色に出会えます。この運動は周りを見学しながら歩くのではなく、ただひたすら歩くことを言っています。が、歩いていると景色が見慣れない景色が飛び込んできます。

睡眠と運動大切ですね。そしてもうひとつ大切なことが食事ですね。バランスの良いメニューにして様々な栄養素を摂ることが大切です。そして適切に栄養を摂取するには、食べ方も作用します。食べ方の良し悪しで栄養が摂れるか摂れないかが。

ゆっくり良く噛んで食べること。早食いは決して体には良くないです。
あわてて食べると胃の消化が追いつかずに排斥されるか、脂肪として体にたまります。

食事の内容や食事の摂り方で癌を改善できると提唱している人がおられます。ここでその方のウェブページをご紹介します。
タグ:がん予防
posted by がんファイター at 18:06 | がん予防