がんと闘うために

がんと闘うため、そのがんを知ることからはじめがんの治療まで

抗がん剤「リツキシマブ」って

抗がん剤「リツキシマブ」(商品名リツキサン)で患者が死亡?
の記事を見て

本来命を助けるための薬のはずが、人の命を奪ってしまう。

がん患者は命を買おうと病院に命を預けている。

それなのに、抗がん剤で死ななければならない?

それも高額な治療費を支払って


がん患者自らが治療の内容や服用する薬の情報を
正確に理解する必要があると感じます。
(現在ではインターネットが発達しているから
 情報を得るのに苦労することはあまり無いですね。)


リツキシマブ(抗がん剤)とは

リツキシマブ(rituximab)は抗ヒトCD20ヒト・マウスキメラ抗体からなる
医薬品。注射剤である。商品名リツキサン®(Rituxan®)。

1本の薬価が最高で約25万円(保険適用前)と非常に高価な薬剤である。

ヒトCD20はヒトB細胞のみに発現し、正常・腫瘍細胞は問わず、
preB〜成熟Bにかけて細胞膜表面に認められる。

preB、形質細胞はみられない。
ヒトCD20に対する抗体はヒトは持たないため、
マウスのヒトCD20に対する抗体のFabとヒトFcをキメラとして製造した。

日本での健康保険適応は、

CD20陽性の低悪性度又は濾胞性B細胞性非ホジキンリンパ腫、
マントル細胞リンパ腫。 単独での使用も行われるが、
CHOP療法との併用も行われている。
by ウィキペディア

タグ:抗がん剤
posted by がんファイター at 19:09 | 抗がん剤