がんと闘うために

がんと闘うため、そのがんを知ることからはじめがんの治療まで

大腸がんの新たな治療方法が

毎日新聞から抜粋

治療薬開発へ前進
大腸がんが周囲の組織に広がる「浸潤」の仕組みを解明した。

がん細胞は「CCL9」というホルモンを使って血中にある極小量の免疫細胞を引き寄せた後、免疫細胞が出す酵素を使って正常細胞の中に潜り込んでいた。

このCCL9の受容体を阻害する薬剤が出来れば、免疫細胞ががんに引き寄せられるのを防げる。浸潤を抑制し、がんの拡大を防ぐ新治療法につながる可能性がある。


この薬剤に副作用があまりないように望むばかりです。


タグ:大腸がん
posted by がんファイター at 09:10 | 大腸がん