がんと闘うために

がんと闘うため、そのがんを知ることからはじめがんの治療まで

大腸がんとヘリカルCT

大腸がん対策に"最新兵器"

罹患(りかん)が急増している大腸がん対策に、画期的な武器が現れた。ヘリカルCT(コンピューター断層撮影法)で撮った映像をコンピューターで三次元に処理する「仮想内視鏡」だ。大腸がんは増加が予測される一方、検査への抵抗感などから検診の受診率が低迷している。 ..
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070808/knk070808000.htm

ヘリカルCTとは
1枚の断層画像を得るために線源を1回転させる撮影方式では細かく寝台を動かしながら何度も撮影する必要があるため、撮影時間が長くかかり、動きによるアーティファクトが出やすかった。

そこで、寝台を一定速度で動かしながら線源を回転させ続ける撮影方式(患者からみると線源がらせん状に動く)が実用化されヘリカルCT(らせんCT・スパイラルCT)と呼ばれる。

検査時間が短縮され、一度の息止めで広範な撮影が行えるなどメリットが大きい。データ処理アルゴリズムが複雑となるが、現在のコンピュータではほぼ問題にならない。ただし骨周辺などで、ヘリカルアーティファクトと呼ばれる特有のノイズが出ることがあり、息止めを必要としない頭部の撮影などでは、従来通りの1スライス毎に寝台を移動させる方式も併用されている。 by wikipedia

ヘリカルCT 設置病院
http://tinyurl.com/2owx75
posted by がんファイター at 12:04 | 大腸がん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。