がんと闘うために

がんと闘うため、そのがんを知ることからはじめがんの治療まで

子宮がんの診断されて

親戚が子宮がんの転移で亡くなった。
いろいろ聞くと転移で亡くなった以外に考えられない。

子宮がんと診断されて子宮を全部摘出。
これでもう安全と思っていたらしばらくして検査すると
がんの転移が見つかった。

いろいろな治療方法を試されたそうだ。
でも、帰らない人になってしまった。

そもそも子宮がんとは何か?

子宮がんには二種類あって
子宮の入り口に出来るのが子宮頸がん、
そして、子宮内部に出来るのが子宮体がんです。

初期がんは自覚症状が無く、がんを見つけるのが難しい。
がんが進行すると不正出血、性交後出血などの症状が現れる。

まずは女医を探す。
J・POSH(ピンクリボン運動をされている団体)の
ホームページに情報が載っています。

PET検査や人間ドックを受ける。

極度のストレスを感じたら、まず自分自身を癒す
ことに専念してください。

極度のストレスもがん発生の原因と言われています。


一人でも多くの人が健康で楽しい生活を送れるために
情報を集めます。

タグ:子宮がん
posted by がんファイター at 05:55 | 子宮がん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。