がんと闘うために

がんと闘うため、そのがんを知ることからはじめがんの治療まで

子宮がんとは

がんと闘うためには、まずその癌(がん)がどのような性質を
持っているのかを見極めなければならない。

子宮がんについて

子宮癌(子宮がん)と呼ばれている癌(がん)には、子宮頸癌(子宮けいがん)と子宮体癌(子宮たいがん)の2種類がある。一部の例外を除き、子宮頸癌(子宮けいがん)と子宮体癌(子宮たいがん)は全く異なる種類の癌で、その原因、発生部位、頻発年齢が異なる。

ほとんどの子宮頸癌(子宮けいがん)は扁平上皮癌(がん)であり、これらは発生原因が科学的に解明されている。即ちヒトパピローマウイルス(HPV)の長期間の感染により発症することが最近の研究で明らかになっている。

子宮頸癌(子宮けいがん)の最大の特徴は、予防可能な癌(がん)であるという点である。これは異形成(子宮けい癌になる前の病変)が発見可能なためであり、定期的な子宮けい癌検診により、異形成の段階で発見・治療することにより癌(がん)の発症を未然に防ぐことが可能である。
wikipedia

早期発見・早期治療がやはりかぎとなる。

タグ:子宮がん
posted by がんファイター at 02:43 | 子宮がんとは