がんと闘うために

がんと闘うため、そのがんを知ることからはじめがんの治療まで

子宮けいがんの症状と原因

子宮けいがんの症状
初期の子宮頸癌(子宮けいがん)はほとんど自覚症状がない。
癌(がん)が進行すると不正出血が見られる場合もある。

普段と変わったことがあればすぐに
病院へ行く。そんな習慣があなたを救います。

子宮けいがんの原因
子宮けい部扁平上皮癌はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルス感染が原因で引き起こされることが解明されている。

HPVには100以上もの種類があり、皮膚感染型と粘膜感染型の2種類に大別される。子宮けいがんは粘膜感染型HPVの中でも高リスク型HPVと呼ばれている性交渉によって感染する一部のHPVが長期間感染することによって引き起こされる。

HPVは性交渉により感染するウイルスであり、性交経験のある女性では誰でも感染しうる。ほとんどの女性は感染履歴を有すると考えられる。
HPVに感染しても多くの場合は、免疫力によってHPVが体内から排除される。

HPV感染の大半は2年以内に自然消失するが、約10%の人では感染が長期化(持続感染化)する。HPVが持続感染化するとその一部で子宮けい部の細胞に異常(異形成)を生じ、さらに平均で10年以上の歳月の後、ごく一部(感染者の1%以下)が異形成から子宮けい癌に進行する。 wikipedia

posted by がんファイター at 02:51 | 子宮けいがんの症状と原因
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。