がんと闘うために

がんと闘うため、そのがんを知ることからはじめがんの治療まで

エクセリクシスの抗がん化合物、グラクソが検討作業を迅速化

エクセリクシスの抗がん化合物、グラクソが検討作業を迅速化

ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)米バイオテクノロジー会社のエクセリクシス(Nasdaq:EXEL)は23日、現在第1相臨床試験中の抗がん化合物「XL880」が、「概念の証明」である第2相臨床試験に達する前に、さらなる開発に向けて同化合物を選択するかどうかの検討を開始する ...
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djBSZ3613.html
タグ:抗がん XL880
posted by がんファイター at 19:00 | 新抗がん剤

経口抗がん剤「フルダラ錠10mg」を発売byバイエル薬品

バイエル薬品、低悪性度リンパ腫治療の経口抗がん剤「フルダラ錠10mg」を発売

また、がん化したリンパ球の種類によりB細胞性とT細胞性があり、日本では、非ホジキンリンパ腫の約70%がB細胞性です。比較的進行の遅い、低悪性度リンパ腫は、女性より男性にやや多く、55−60歳が発病年齢の中間値です。マントル細胞リンパ腫は、非ホジキン ...
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=164853&lindID=4
posted by がんファイター at 15:34 | 新抗がん剤

抗がん剤「カイトリル」とこの一冊

バクスター、抗がん剤の吐き気を抑える後発薬を発売

米系医療機器販売のバクスター(東京・中央、ジェラルド・リマ社長)は9日、制吐剤「カイトリル」の後発薬を発売した。抗がん剤使用時の吐き気や嘔吐(おうと)を抑える。同社は抗がん剤や痛み止めの薬を体内に注入するポンプなどの医療機器を販売しており、がん分野に力 ..
http://www.nikkei.co.jp/newpro/news/20070708e002y29706.html


臨床栄養学辞典として使える身近に備えておきたい一冊

今,日本の医療には,がんの専門医が必要です。日本人の2人に1人はがんに罹患し,3人に1人はがんで死亡する時代を迎え,不足するがん専門医の育成の必要性が社会や国に認識されるようになりました。 がん薬物療法専門医,放射線腫瘍認定医,婦人科腫瘍学会専門医,がん治療 ...
タグ:抗がん剤
posted by がんファイター at 21:22 | 新抗がん剤

抗がん剤インドロカルバゾールの骨組みを

抗がん剤インドロカルバゾールの骨組みを構築する 酵素の立体構造を解明

この放線菌の生産する化学物質"インドロカルバゾール "は、抗がん剤や白血病、糖尿病性眼疾患の治療薬として国内外で期待が高まっています。 2002年に富山県立大学の尾仲宏康講師がこの注目の化学物質を作り出す一連の酵素を発見し、そのなかでシトクロムP450StaPが骨格 ..
http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2007/070703/
posted by がんファイター at 13:10 | 新抗がん剤

ヤクルト、抗がん剤サトラプラチンの開発販売権を取得

前立腺癌治療薬候補の経口投与白金製剤
ヤクルト、抗がん剤サトラプラチンの開発販売権を取得

ヤクルト本社は25日、ドイツのバイオベンチャーGPCバイオテック(ミュンヘン市)から、前立腺がん用の抗がん剤サトラプラチンを日本国内で開発、販売する独占的権利を取得したと発表した。契約一時金12億円のほか、承認申請、承認などの時点でもGPCバイオテック ...
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2007062500775


ヤクルト本社がドイツの製薬会社から抗がん剤の開発・販売ライセンスを取得(ヤクルト本社)

ヤクルト本社は25日、ドイツのGPCバイオテックと抗がん剤「サトラプラチン」の日本におけるライセンス契約を締結したと発表した。これによりヤクルト本社は、同抗がん剤を日本で販売するための独占的権利を取得し、開発を進める。ヤクルト本社はGPCに契約一時金として12億 ...
http://www.ipnext.jp/news/index.php?id=1581
posted by がんファイター at 03:21 | 新抗がん剤

腎細胞がん、卵巣がん、軟部肉腫の方に朗報

抗がん剤
進行性の腎細胞がん、卵巣がん、軟部肉腫に効果を示す

グラクソ・スミスクライン(本社:英国以下GSK)は、進行性または転移性の腎細胞がん、卵巣がんおよび軟部肉腫に対する、Pazopanibの効果に関するフェーズII試験の結果を発表しました。これらの試験結果は、米国シカゴで開催された第43回米国臨床腫瘍 ...
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=162713&lindID=4

posted by がんファイター at 11:05 | 新抗がん剤

抗がん剤の効き目を高める技術

荏原、抗がん剤の効き目高める製剤技術

荏原は抗がん剤の効き目を高めるため、患部に届けやすくする製剤技術を独自に開発した。がん細胞にだけ届くよう薬をレーザーで粉砕したのち、特殊な物質で被膜してカプセル状に加工する。今後製薬会社との共同開発などを検討して量産技術の確立を急ぐ。 ...
http://rd.nikkei.co.jp/net/news/sangyo/headline/u=http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070617AT1D1304816062007.html

タグ:抗がん剤
posted by がんファイター at 11:00 | 新抗がん剤

新抗がん剤を創製by協和発酵

新抗がん剤を創製by協和発酵
血液系がんである多発性骨髄腫に新抗がん剤、英国で治験。
ヒートショックプロテイン(HSP)90クライアントプロテインというタンパク質の働きを阻害することで、がん細胞の増殖を止めたり、アポトーシスを誘導する作用を持つ

ヒートショックプロテイン(Heat shock protein:Hsp)とは
多くのシャペロンは熱ショックタンパク質 (Heat shock protein:Hsp)、つまり温度が上昇したときに発現されるタンパク質である。これは、タンパク質のフォールディングが熱によって重大な影響(変性)を受けた場合に、そのタンパク質の折りたたみを制御する。ほとんどのタンパク質はシャペロンなしでも折りたたまれるが、一部にはシャペロンを必須とするものもある。大部分のシャペロンは正常に機能するためにATPのエネルギーを要するが、シャペロンには様々なものがあり、詳細な機能については不明の部分が多い。

タンパク質は正常な状態では分子の外側に露出しているアミノ酸残基のほとんどが親水性であるが、フォールディングのほどけた(アンフォールディング)、あるいは異常なフォールディングをしたタンパク質では疎水性アミノ酸残基が露出している。シャペロンはこれらの疎水性アミノ酸残基によってそのタンパク質を認識する。このようなタンパク質は凝集する傾向があり、凝集したタンパク質は細胞にとって非常に有害である(例としてはアルツハイマー病の原因となるβアミロイドタンパク質や、プリオンタンパク質など)が、シャペロンはこのような凝集も防ぎ、細胞を守る働きがある。by wikipedia



タグ:抗がん剤
posted by がんファイター at 14:13 | 新抗がん剤